筑波山ガマ口上保存会ブログ

 日本の代表的な大道芸「ガマの油売り口上」を茨城県にある名山、筑波山の麓でガマ口上を伝承し継承しているボランティア団体です。

平成26年度夏季ガマ講座 

ガマ講座2日目 13:30~開講

 口上士・師範の皆さんの模範演技を見て 受講生は真似て口上らしく
声を出して口上文を読む練習。受講生の皆さん2回目とあって上手い!
青森からこの講座にこられているというTさんの口上は聞いていて
ほれぼれする。                 
        
 今回、第19代永井兵助 吉岡久子名人が名人芸を見せて下さった。
昔、吉岡名人がガマ口上芸をおぼえた頃のお話。
 落語の柳好師匠が江戸屋で宿泊客に聞かせるのを舞台の袖で聞き、
吉岡名人はメモを取って覚えたそうです。その頃は当然口上文は無かっ
たということです。カセットもCDも無い時代は大変だったでしょうね~
名人は93歳! お声といい、所作といい、神業といてもおかしくない。
今度の夏季受講生は名人の口上が聞けたのはラッキーです。

「人に見せる。」「見て頂く。」ことが出来るガマ口上芸って素晴らしいですね~。

次回の講座は7月13日!

拍手[0回]